グーグルマップで店内が見える!その仕組みと2種類の画像のお話

 

こんにちは!Googleストリートビュー認定フォトグラファー【コールフォース】の遠藤です。

 

この記事を読んでいるあなたは「Googleマップでお店を検索した時に、その店内の画像が表示されるのはナゼ?」という疑問を抱いていますね?

もしくは「ウチの店も店内の画像をGoogleマップに載せたいのだけれど、どうすればいいのだろうか?」そう思っているのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、Googleマップに店内画像が表示される仕組みと、実際に画像を載せる手順についてお話していきます。

 

 

Googleマップで店内の画像が掲載される3つの仕組み

 

気になるお店の場所を調べただけなのに、店内の様子も見られるなんて、Googleマップは便利なものです。

Googleマップ 店内画像 Googleマップ 店内画像

 

さて、この店内画像は一体どんな仕組みで掲載されているのでしょう?それは次の3つです。

  1. お店に訪れた人がGoogleマップに投稿した
  2. インターネット上にあるお店の画像(食べログなどの他媒体に掲載されている画像)をGoogleが収集して掲載した
  3. お店のオーナーが「Googleマイビジネス」で店内画像を管理している

 

それぞれについて、もうちょっと詳しく説明していきます。

 

 

①Googleマップには一般の方が写真を投稿できる!

 

実はGoogleマップには、一般の方が写真を投稿できる機能が備わっています。

 

よく目を凝らして見てください。Googleマップでお店を検索すると、お店の情報の部分に「写真を追加」というメッセージがあるのが分かります。

この「写真を追加」をクリックすると、写真が投稿できるようになります。(画面はパソコンのものですが、スマホからも投稿可能です)

Googleマップ 写真を追加 Googleマップ 写真投稿

 

Googleマップに関してGoogleは、「全世界のユーザーとともに情報を作り上げる」というスタンスをとっています。そのためこのように、ユーザー側から画像を投稿できる機能があるのです。

投稿された画像はもちろんGoogleマップ上に公開されます。

 

 

②Googleはインターネット上の画像を収集して整理整頓している!

ネットワーク

 

Googleは日々、インターネット上をロボットを使って巡回しています。

そして、インターネット上に公開されている画像データを読み取り、それがどんな画像なのかを判別し、適材適所に整理整頓しています。

 

例えば、好きな芸能人の画像を見たくて検索すると、その芸能人の画像が一覧になって表示されますよね?

あれは、インターネット上に散らばるあなたの好きな芸能人の画像をGoogleが収集し、「この人は〇〇さん」と判別しているからゆえの現象なのです。

 

同じことがGoogleマップでも起こります。

あなたのお店の店内画像(内観やメニューなど)が、他のWebサイトに掲載された場合。インターネット中を巡回するGoogleは、もちろんそのWebサイトにも訪れます。

そして、掲載されているあなたのお店の店内画像を読み取り「ここは〇〇というお店」と判別。Googleマップであなたのお店が検索された時に、付加情報として収集した店内画像を表示させるのです。

 

もしかすると、Googleマップで見られる店内画像の中には「この画像、どこかで掲載したことあるような・・・」というモノが含まれているかもしれません。

 

 

③「Googleマイビジネス」という機能を使ってお店側が店内画像を管理している!

Googleマイビジネス

 

ここまでは、お店側の意図と関係なくGoogleマップ上に表示される画像のお話でした。

これからお話していくことは、お店側が店内画像を管理してGoogleマップに表示させる方法です。

 

実はGoogleマップは「Googleマイビジネス」というツールと連動しています。

 

Googleマイビジネスとはその名の通り、何かサービスを提供しているお店や会社などに与えられる「集客ツール」です。

Googleマイビジネスは、ゼンリン地図情報に住所が登録されているサービスであれば、自動的に使えるようになっています。ただし、「私がこのお店のオーナーです」という申請をして初めて、自由に操作できる権利が与えられる仕組みです。

 

※Googleマイビジネスについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

>>Googleマイビジネスとは?Web集客の基本ツールを詳しく解説

 

 

さて、このGoogleマイビジネスでは、お店側が用意した店内画像を何枚でも投稿することができます。プロのカメラマンに撮ってもらった画質のよい内観、おいしそうなメニューなど、あなたのお店の魅力が伝わる画像のことですね。

Googleマイビジネスに投稿した写真は、連動するGoogleマップに優先的に表示されるようになります。

 

つまり、Googleマップ上に表示される店内画像をクオリティの高いものにしたければ、Googleマイビジネスを操作すればいいということです。

 

 

先ほども言いましたが、Googleマイビジネスを自由に操作するには、まずGoogleに「私がこのお店のオーナーです」という申請をしなければいけません。(これをオーナー確認と言います)

すでにオーナー確認が済んでいる場合は、すぐに画像の投稿ができます。まだの場合は、下の記事でやり方を説明していますのでやってみてください。↓

>>Googleマイビジネスで確認コードを取得し、オーナー確認を済ませる方法

 

 

オーナー確認の済んだGoogleマイビジネスでは、次の手順で店内画像が投稿できます。

 

①Googleマイビジネスにログインし、「ビジネスを管理」という青文字をクリックします。

マイビジネス ビジネスの管理

 

②次の画面で「写真の管理」をクリックします。

マイビジネス 写真の管理

 

③追加したいカテゴリーを選んだ後に、右側のカメラマークをクリックします。店内画像を入れたければカテゴリーは「店内」ですね。

マイビジネス 写真の追加

 

④画像のアップロードができる画面にうつります。あなたのお店の素敵な店内画像をどんどん入れていきましょう。これで、Googleマップにも画像が反映されます。

 

※Googleマイビジネスに画像を追加するコツをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!↓

>>Googleマイビジネスの写真を管理!追加・削除のやり方を詳しく


 

今一度まとめると、Googleマップで店内画像が見られるのには3つの理由があります。

  1. お店に訪れた人がGoogleマップに投稿した
  2. インターネット上にあるお店の画像(食べログなどの他媒体に掲載されている画像)をGoogleが収集して掲載した
  3. お店のオーナーが「Googleマイビジネス」で店内画像を管理している

 

上の3つのうち、1と2はお店側が管理できませんが、3はできます。

 

オーナー確認の済んだGoogleマイビジネスにお店側が追加した写真は、Googleマップ上で優先的に掲載される傾向があります。

なので、Googleマップで表示される店内画像を「イイ感じ」のものにしたければ、Googleマイビジネスをお店側がきちんと管理するのがベストです。

 

 

Googleマップに表示される店内画像は2種類ある

 

Googleマップでお店を検索した時に見られる店内画像には、次の2つの種類があります。

  1. 一般的な静止画
  2. Googleストリートビュー(屋内版)

1に関しては説明は不要ですので、2のGoogleストリートビュー(屋内版)について詳しくお話しますね。

 

Googleストリートビュー(屋内版)とは、次のような室内360度バーチャル画像のことです。(マウスで動かすことができますので、どうぞグリグリ動かしてみてください)

 

このような「お店の疑似訪問」ができる店内画像が、Googleマップからも見られます。目印は、画像の左下についている丸まった矢印マークです。

Googleストリートビュー屋内版

 

Googleストリートビュー(屋内版)は、見た人がそのお店に2倍の興味関心を抱くとの調査報告が出ており、最新の集客ツールとして注目を集めています。

お店の場所を知るためにGoogleマップで検索してみたら、店内画像も見れるわ、疑似訪問もできるわで、すでに1回行ったような親近感を覚えますね。

 

Googleストリートビュー(屋内版)は、オーナー確認済みのGoogleマイビジネスに追加できます。

撮影や360度バーチャル加工については、セルフでやる方法と、弊社のような「Googleストリートビュー認定フォトグラファー」に依頼する2つの方法が選べます。

 

どちらもメリット・デメリットはありますが、手間やクオリティ、集客するためのツールと考えると、認定フォトグラファーへの依頼がベターなのではないかと思います。

※こちらの記事もどうぞ参考に↓

>>Googleインドアビューは自作可能!?手間やクオリティを比較!

>>Googleインドアビューの認定パートナーとは?条件やスキルの違い

>>Googleマップと連動!Googleストリートビューの集客効果の秘密

 

 

Googleマップ上では静止画だけでなく、まるで実際訪れているかのような店内画像「Googleストリートビュー(屋内版)」も見られます。

日本では8万件以上の店舗がすでに導入済みです。ライバル店との差別化を図れるツールでもありますので、興味のある方は取り入れてみてください。

※Googleストリートビュー(屋内版)についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!↓

>>Googleインドアビューの3大メリット!来店数を増やす「仕掛け」がある!

 

 

まとめ

カフェ

 

Googleマップ上で店内画像が見られる理由は、

  1. お店に訪れた人がGoogleマップに投稿した
  2. インターネット上にあるお店の画像(食べログなどの他媒体に掲載されている画像)をGoogleが収集して掲載した
  3. お店のオーナーが「Googleマイビジネス」で店内画像を管理している

の3つです。

 

さらに、見られる店内画像の種類には、

  1. 一般的な静止画
  2. Googleストリートビュー(屋内版)

の2種類があります。

 

百聞は一見に如かずとはよく言ったもので、店内の画像はそのお店のイメージを決める強い要素です。

毎日多くの人が使うGoogleマップですから、ぜひあなたのお店の店内が魅力的に見えているかどうか?チェックしてみてくださいね。

 

 

【ご注意ください】

 

おかげさまで毎日多くの方からお問い合わせをいただいております。
誠にありがとうございます。

 

しかしながらお問い合わせの中には、

 

「Googleマップに表示されている建物の住所や名称が違うから修正してほしい」
「Googleストリートビューが示している建物の外観の写り方を直してほしい」
「Googleストリートビューに映っている道路の画像が古いので修正してほしい」
「Googleマイビジネスの情報が違うから変更してほしい」

 

など、弊社ではお取り扱いできない内容がございます。

 

 

大変申し訳ないのですが弊社は、店舗や施設などの建物の内観を360度画像に撮影・加工いたします「Googleストリートビュー【屋内版】」の専門代理店です。

 

道路沿いや建物の外観のストリートビューに関する修正、変更はお受けいたしかねますのでご了承ください。

 

 

『お店や会社の内観をストリートビューのように360度画像にして公開したい』
『WEBから集客できる方法を相談したい』

 

などのご要望がございましたら、ぜひご連絡ください。

 

>>お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です