Googleインドアビューの3大メリット!来店数を増やす「仕掛け」がある!

店内

 

こんにちは!Googleストリートビュー認定フォトグラファー【コールフォース】の土屋です。

今回は、店舗や施設内を360度バーチャル閲覧ができるサービス「Googleインドアビュー」のメリットについて、とことんお伝えしていきます。

 

今まで250件以上のストリートビュー(インドアビュー)撮影をおこなってきた弊社は、クライアント様から導入後の感想をいただくことがあります。

 

いただいた感想を分析してみると、Googleインドアビューには、大きく分けて3つのメリットがあることが分かりました。

さっそく、その3つのメリットを詳しくお話していきたいと思います。

 

 

インドアビュー導入のメリット① Google検索で目立つ!

 

インドアビューを導入すると、Googleのネット検索画面上で「目立つ」ようになります。

 

どのように「目立つ」かというと、こんな感じです。↓

※弊社がインドアビュー撮影に携わった、神奈川県横浜市の金沢白百合幼稚園さまを例にします。

 

【パソコン画面上では】

店名(施設名)で検索すると、マップの部分に「中を見る」の表示と共にインドアビューが追加されます。(インドアビューが導入されていないとマップのみの表示となります)

 

インドアビュー導入

 

 

【スマホ画面上では】

店名(施設名)で検索すると、詳細の部分に「中を見る」の表示と共にインドアビューが追加されます。(インドアビューが導入されていないと、外観写真のみとなります)

 

インドアビュースマホ

 

私個人的に「うまいなぁ~」と思うのが、インドアビューの絶妙な配置です。

 

人の視線の流れにはちょっとした”クセ”があります。何か情報を閲覧する際には、左上を起点とし「Z型」や「F型」に読んでいく・・・というものです。

そんな視線のクセをGoogle検索画面に重ね合わせてみると、「ちょうど目がとまる位置にインドアビューがある」ことが分かります。

 

インドアビューの位置

↑左側が「Z型」の視線のクセ、右側が「F型」の視線のクセです。

 

インドアビューを導入すると、このように、360度の室内画像を「最も目にとまりやすい場所」へ配置することができます。

 

店舗名や施設名をダイレクトに入力して検索するということは、その人がその場所に強い興味を持っているということです。

そんな方に、「あらかじめ室内を見渡せる」という体験をしてもらえば、来店の可能性はより上がっていきます。

 

 

補足:Google検索で目立つとなぜいいのか?

 

近年ネット検索業界において、Googleの利用者は圧倒的な数に上ります。

日本では、パソコンでネット検索をする人のうち約54%が、スマホでネット検索をする人のうち約97%がGoogleを利用しています。

<参考>ニールセン株式会社 2014年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングより

 

圧倒的なシェアを誇るGoogle検索の中で、「店舗や施設の存在を目立たせる」ことがどれほどメリットになるかは、もうお分かりですね。

 

 

補足:地名+〇〇(サービス内容)の検索にも強い!

 

Googleインドアビューを導入すると、あなたの店舗名や施設名を「まだ知らない方」にも、その存在をアピールしやすくなります。

 

先ほどの金沢白百合幼稚園さまをもう一度例に出すと、「横浜市金沢区 幼稚園」でGoogle検索した結果、かなり見やすい場所に園の名前が表示されているのが分かりますね。

 

検索画面

 

Googleが提供するサービスであるインドアビューを導入し、あなたの店舗や施設の情報をより濃いものにしておくと、このように「店舗名や施設名を知らない見込み客」にも見つけてもらいやすくなります。

ただし、同じ地域の同業他社の数によって検索結果は変わります。インドアビューを導入すれば、どのお店も同じように検索結果の見やすい場所に表示されるかというと、100%必ずとは言い切れません。

 

しかしながら、まだチャンスはあります。「地域名+〇〇(サービス内容)」のキーワードで検索してくる人は、『その地域で〇〇(サービス内容)を展開しているお店をいくつか知って比較したい』と思っています。

 

 

実は「地域名+〇〇(サービス内容)」で検索すると、該当するサービスを営む店舗一覧を見ることができるのですが、そこでもインドアビューが表示されます。

 

一覧画面でのインドアビュー表示

 

つまり、インドアビューを導入していることで、導入していない同業他社と「情報の差別化」を図ることができるのです。

 

 

インドアビュー導入のメリット① Google検索で「目立つ」のまとめ

 

  • 人々がネット上の画面を閲覧するときの”クセ”に沿って、絶妙な位置にインドアビューが配置されるようになる
  • 店舗や施設の名前をまだ知らない見込み客が「地域名+〇〇(サービス内容)」と検索したときにも、ヒットしやすくなったり、同業他社と差別化を図ったりすることができる

 

 

インドアビュー導入のメリット② 店舗(施設)に親近感を持ってもらえる!

ライク

 

SNSで頻繁にコミュニケーションを取っている人に直接会ってみると、たとえそれが初対面でも、久しぶりの再会でも、最初からなんとなく打ち解けた感じを覚えたことはありませんか?

 

この感覚は気のせいではなく、「単純接触効果」という名前で証明されているものです。これは簡単に言うと、「知っているものを好きになる」ということです。

 

 

さて、この単純接触効果をインドアビューに照らし合わせてみると、実際に訪れるまで室内が見えない店舗や施設よりも、あらかじめ室内が見えた店舗や施設の方が、親近感や好意が湧きやすいということになります。

インドアビューを見たお店の方が、問い合わせしやすいと感じるし、来店しやすいとも感じるのです。

 

 

さらにGoogleインドアビューは、「ユーザー自らが画面を操作して見て回る」という特徴があります。パソコンのマウスで(スマホだと指で)ぐるぐる動かしながら移動していきます。

※試しにどうぞ↓

 

 

この「見る+手を動かす」という、”複数の感覚を使わせる体験”がポイントとなります。

 

脳のしくみを利用した広告手法の一つに「多くの感覚を使わせる」というものがあります。

 

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚

これらの感覚を、「同時になるべく多く使わせると、それだけ物事をしっかり記憶するようになる」という仕組みです。

 

 

ただ見ているだけの店内画像と、自分でマウスや指を使って動かしながら見ていくインドアビューでは、インドアビューを動かした店舗や施設の方が、ユーザーに記憶されやすくなるのです。

 

 

インドアビュー導入のメリット② 店舗(施設)に親近感を持ってもらえるのまとめ

 

  • 「知っているものを好きになる」という脳の特徴から、インドアビューで室内の様子が分かる店舗(施設)のほうが、問い合わせや来店につながりやすい
  • 「見る+手で動かす」という、複数の感覚を使わせてインドアビューを見せることで、より見込み客の記憶に定着しやすくなる

 

 

インドアビュー導入のメリット③ オーナーや従業員の意識向上につながる!

カフェの店内

 

あなたの店舗や施設のインドアビューを見て「ここが気に入ったから行ってみよう!」と思った新規のお客様がいるとしましょう。

そんなお客様が実際に来店してみたところ「なんか・・・、ネットで見たのと違う・・・」と、ガッカリするのは避けたいですよね。

 

Googleインドアビューは、削除しない限りずっと、ネット上に公開され続けます。

それを見てやってくるお客さまもいますから、撮影時の店舗内の様子と、今現在の店舗内の様子にマイナスのギャップを感じさせてしまうのはNGです。

 

 

Googleインドアビューを導入すれば、店舗施設内の清掃やインテリアの劣化などに、今以上に意識が働くことでしょう。お客様が過ごす空間を、常に居心地のいい状態に保つことにつながります。

 

 

インドアビュー導入のメリット③ オーナーや従業員の意識向上につながる!まとめ

 

  • 常にネット上に公開されるインドアビューは、店舗施設内の環境維持につながる

 

 

弊社が実際にいただいた声

 

弊社はGoogle認定パートナーとして、さまざまな業種の店舗施設でインドアビュー撮影をさせていただいております。

 

これまで、飲食店・病院・幼稚園・学校などを中心に携わってまいりましたが、インドアビューを導入された店舗施設の方からは、こんなお声を頂戴しています。

 

「新規で訪れるお客様が増えました」
「お問い合わせの数が増えました」
「外国人観光客の来店数が増えました」
「優秀なスタッフの採用率が上がりました」

 

今までネット上で見せていなかった室内を、インドアビューという形で公開したことにより、待っていてもアプローチされる確率が上がったところが多いです。(携わった側として、とても嬉しいです!)

 

やはり、これまでお伝えしてきたような「Googleインドアビューのメリット」が、効果的に働いているのだと感じます。

 

 

まとめ

入り口

 

Googleインドアビューを導入することのメリットを、最後にもう一度まとめてみます。

 

メリット① Google検索で「目立つ」!

 

  • 人々がネット上の画面を閲覧するときの”クセ”に沿って、絶妙な位置にインドアビューが配置されるようになる
  • 店舗や施設の名前をまだ知らない見込み客が「地域名+〇〇(サービス内容)」と検索したときにも、ヒットしやすくなったり、同業他社と差別化を図ったりすることができる

 

メリット② 店舗(施設)に親近感を持ってもらえる!

 

  • 「知っているものを好きになる」という脳の特徴から、インドアビューで室内の様子が分かる店舗(施設)のほうが、問い合わせや来店につながりやすい
  • 「見る+手で動かす」という、複数の感覚を使わせてインドアビューを見せることで、より見込み客の記憶に定着しやすくなる

 

メリット③ オーナーや従業員の意識向上につながる!

 

  • 常にネット上に公開されるインドアビューは、店舗施設内の環境維持につながる

 

 

どこかに出かける前には、その場所に関する情報をネットで検索。この流れは、今後もさらにスタンダードになっていくでしょう。

 

「見れば分かる」の、何よりも正直な情報提供であるインドアビューで、あなたのサービスのファンを増やしてみませんか?

 

※インドアビュー(Googleストリートビュー屋内版)についてご質問やご相談は>>こちらからどうぞ

 

※インドアビュー(Googleストリートビュー屋内版)の集客効果の秘密は>>こちら

店内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です